統合報告書の作成時に注意したいポイント

統合報告書を作成するときに注意したいポイントとはなんでしょうか。これを理解するためには、統合報告が、従来のCSRとどのように異なるのかを理解する必要があります。また、統合報告を行うためのガイドラインが定められていますが、ただそれに合わせるだけのような報告書を作成しても意味がありません。統合報告のガイドラインは原則主義を最小しているため、具体的なことをどのように報告したら良いかについて書かれていないのです。そのため、統合報告をするためには、どのように何を報告するのかについて具体的に自分たちで考えていかなければならないのです。それでは、より良い統合報告を行うためにはどのようなことに注意したら良いでしょうか。注意すべきポイントを紹介します。

統合報告作成の注意すべきポイント

統合報告をするために注意すべきポイントは、ステイクホルダーエンゲージメントを重視するということです。統合報告書を作成する際には、どのようにして価値を生み出したのかという価値創造の側面が重要視されます。しかも、その価値は短期的なものではなく、長期的なビジョンに基づくものでなければなりません。企業は多くのステイクホルダーと関わりながら運営されています。そのため、ステイクホルダーと共同して長期的な価値を創造していく必要があるのです。ステイクホルダーとどのように価値を生み出しているのかを示すのが統合報告書なのです。ですから、統合報告をするために注意すべきポイントは、報告する企業がどのようなステイクホルダーと関わっており、そのステイクホルダーとともにどのような価値を生み出しているのかを明示することがポイントとなるのです。

より良い統合報告のためにすべきこと

統合報告をするためには、企業にとって重要なステイクホルダーを特定し、彼らとのコミュニケーションを通じて長期的にどのような価値を生み出すことができるかを考えなければなりません。しかも、ステイクホルダーは決して一人ではありません。そのため、ステイクホルダーとのコミュニケーションを円滑に運ぶためには、何を重要であるとするのかを示す指標をしなければなりません。ガイドラインではこれをキーパフォーマンスインディケーター(key performance indicator)と呼んでいます。企業の中でこの指標を作り、長期的な視点に基づいてこの指標を満たすような具体的な活動を行うことで、実質を伴った価値を生み出すことができるようになります。統合報告は、ステイクホルダーとのコミュニケーションを促進するための手段であるということが最も重要な側面なのです。