安心して任せられる統合報告書の作成

統合報告を行うためには、ある程度の専門的な知識が必要です。統合報告書を作るためには、ステイクホルダーとのコミュニケーションが重要ですし、価値創造をどのようなプロセスで行なったのかを明示する必要があります。これを行うためには、重要なステイクホルダーを特定し、ステイクホルダーが何を求めているのかを知る必要があるのです。そのため、統合報告を行うためには、多くの専門的な知識が必要ですし、ステイクホルダーの協力を得られるように対話を進めていく必要があります。より良い統合報告をするためには、コンサルタントや専門的な業者に頼むことも可能ですが、価値創造のプロセスはそのプロセスに関わっている責任者にしかわからないものです。ですから、統合報告を行うためには、価値創造のプロセスに関わっているのだと言うことを企業内部の人たちそれぞれに浸透させる必要があります。

統合報告を行うための報告書の作り方について

統合報告書を作成するためには、何をすれば良いでしょうか。それは、重要なステイクホルダーを特定することとステイクホルダーが何を求めているのかを把握すると言うことです。重要なステイクホルダーというのは、企業の価値創造に大きく関与しているステイクホルダーのことを言います。例えば、ある商品を作るために、特定の取引先が関わるでしょう。また、その商品を販売する時も同様です。さらに、その商品を作るためには、従業による働きが関わります。このように、ある特定の商品(価値)を生み出すだけでも様々なステイクホルダーが関わっていることがわかるでしょう。そのため、価値を共有すべきステイクホルダーをしっかりと特定しなければならないのです。そのステイクホルダーが求めていることは何かという情報をしっかりと知るために、さらにコミュニケーションやコンサルテーションが重要な意味を持つようになります。価値創造のプロセスを認識するためには、ステイクホルダーの特定とステイクホルダーとの対話が重要なのです。

統合報告書を作成するためのポイント

統合報告書の作成を安心して任せられるようにするためには、企業の価値創造のプロセスがどのようなものなのかを理解することが必要です。ある特定の価値創造のプロセスには、多くのステイクホルダーが関わっていることをしっかりと認識しなければなりません。しかも、ステイクホルダー同士の利害は時に衝突することがあります。しかし、それらの利害の衝突もステイクホルダーダイアローグやステイクホルダーコンサルテーションを通じて価値を創造する必要があります。利害が衝突するからといって、ステイクホルダーを排除してしまえば本末転倒ですから、ステイクホルダーと価値を共有することを通じて、価値創造のプロセスをしっかりと報告書にまとめることが統合報告を行う際に最も重要なポイントです。